2月18日(火)


2月18日(火)にたいよう組のお別れ遠足で

桧佐陶工房と芸術の森に行ってきました。
前日は強い雨が降っており・・・

子どもたちも明日のお天気を心配している様子がありました。
「明日は絶対に晴れてほしいからてるてる坊主つくるね!」と

晴れることを願っていた子どもたち・・・

当日は子どもたちの願いが伝わったようで、遠足日和なお天気!!
おひさまもでていて皆喜んでいました。

ワクワクがとまらない子どもたちは、バスの中でも大盛り上がり!
皆でお歌の大合唱がはじまり、いつの間にか

バスの中はたいよう組のコンサートのようでした。

 

桧佐陶工房ではお皿の絵付け体験を!
それぞれ個性のでる絵を描くことができました。

世界にひとつだけの素敵なお皿。
完成が楽しみです!

 

 

芸術の森公園ではたくさん身体をうごかしました。

長いローラー滑り台に子どもたちの目もキラキラです。

 


たくさん遊ぶとお腹がすいて、

いよいよ子どもたちの楽しみにしていたお弁当タイム!
“おうちの方が心を込めてつくってくれたお弁当をお友達みんなで食べる”

ということが何より嬉しかったようで

自然と子どもたちから笑顔があふれました。

 

 

「あ〜楽しかった!」「楽しい時間ってあっという間だね」と
子どもたちの口からは終わりを惜しむ声がたくさん。

子どもたちの言う通り、楽しい時間は過ぎるのがとてもはやく、

ずっとこの時間が続いてほしいと感じるくらいでした。

しかし、そのあっという間の時間の中にも

楽しかった出来事がぎゅっとつまっているように思います。
たいよう組ですごすことができる日々も残りわずか・・・
過ぎてしまえば一瞬ですが、今日感じることのできた

“ぎゅっと中身のつまったあっという間”を

残り少ない保育園生活ですごしていければいいなと感じます。

 

たいようさん、楽しい思い出になったね!